堆肥プラントのことがよくわかる、ポータルサイト |堆肥ペディア » 堆肥プラントメーカーリスト » 湯浅機械

湯浅機械

公式サイトのキャプチャ画像

引用元:湯浅機械(http://yuasakikai.jp/)

湯浅機械のプラントは、廃棄物問題の解決を目指した堆肥の処理施設です。廃棄物を処理するという目的に重点を置き、全体的な廃棄物の減量を目的としています。ここでは、湯浅機械のプラントの特徴、導入事例、利用者の口コミ評判について説明しています。

湯浅機械の堆肥プラントの特徴

リダクション型のプラント

循環型社会を目指して堆肥製造をすることはメリットですが、全ての生ごみを堆肥として再利用してしまうと過剰生産になります。そのため、ある程度は生ごみの消滅処理をするリダクション施設が求められます。

湯浅機械の「ユアサ・リダクションプラント」は、有機質の大半を水と二酸化炭素に分解し、10%未満を堆肥にするのが特徴。食品残渣から下水道汚泥まで、幅広い有機質の分解に有用です。分解後の堆肥の品質も高く、作物の養分として活用できます。

有機廃棄物を焼却して減量するのではなく、大半を消滅させることで場所を取らずに過剰生産の課題を解決できる堆肥プラントといえるでしょう。

バイオマスによる良質な堆肥を安価で製造

バイオマスを利用した有機性廃棄物の堆肥化施設である「ユアサ・リダクションプラント」はバイオマスを利用することで、二酸化炭素の発生を抑えています。そのためCO2排出量を無駄に増やすこともありません。有機性廃棄物を分解した後に残るのは、水と良質な堆肥のみです。

また、導入・運用に係るランニングコストやイニシャルコストはともに安価であるため、長期間の運用を考えるのであれば経済的なのも魅力。環境的にも優しいだけでなく、経済的にも優れたプラントであるといえるでしょう。

幅広い用途に適応

湯浅機械の「ユアサ・リダクションプラント」は、様々な施設で導入され、有機廃棄物の減量に役立っています。

堆肥メーカー、市町村ごみ焼却施設、し尿処理場、食品工場、畜産農家など幅広い分野で活用されており、多くの用途に活用できることが証明されています。導入した施設では、今までの堆肥製造から脱却し有機廃棄物の減量に取り組むシステムに変化しました。

あなたの重視することは?
おすすめの堆肥プラントを見る

湯浅機械の堆肥プラント利用者の口コミ評判

公式サイトに利用者の口コミ評判の記載なし

堆肥プラントメーカーリストを見る

湯浅機械の堆肥プラントの導入実績

ユアサリダクション

引用元:湯浅機械公式サイト(http://yuasakikai.jp/publics/index/52/)

詳細は不明ですが、長野県東筑摩郡明科町、鹿児島県出水市にて堆肥プラント「ユアサ・リダクションプラント」の運転を行っているとのことです。

湯浅機械の会社概要

  • 社名:湯浅機械株式会社
  • 住所:大阪府高槻市赤大路町18番26号
  • 電話番号:072-694-5750
  • URL:http://yuasakikai.jp/
堆肥化の
発酵⽅式は3タイプ

堆肥化を行う方法は、撹拌に機械を使う方法(密閉・開放)、堆肥舎で堆積する方法の2種類、3タイプ。
どの方法が適しているかは、何を重視するかで異なります。

狭い土地でもOK
手軽さ・におい対策を
重視するなら
密閉型攪拌⽅式
(コンポ)
密閉型攪拌⽅式(コンポ)

断熱密閉された円形の発酵槽を使用し、全自動で撹拌作業を行い、堆肥化させる方式

発酵⽇数
(⼀次処理)
10⽇〜16⽇
施設
必要⾯積
⼩規模
臭気
対策
◎ 容易
適⽤
畜種
養豚・養鶏
(酪農)
初期投資
費⽤
中規模の⼟地があり
メンテナンスの容易差
重視するなら
開放式
(ロータリー・スクープ攪拌)
開放式(ロータリー・スクープ攪拌)

材料を定期的に機械で撹拌し、少しずつ移動させながら堆肥化させる方式

発酵⽇数
(⼀次処理)
30⽇〜60⽇
施設
必要⾯積
中規模
臭気
対策
△ 難しい
適⽤
畜種
養豚・養鶏
(酪農・肥育牛)
初期投資
費⽤
⼟地が広く、
初期コストの安さ
重視するなら
堆積式
(堆肥舎)
堆積式(堆肥舎)

ショベルローターなどを運転して切り返しを行い、長時間の堆積で堆肥化する方法

発酵⽇数
(⼀次処理)
30⽇〜90⽇
施設
必要⾯積
大規模
臭気
対策
△ 難しい
適⽤
畜種
酪農・肥育牛
(養豚)
初期投資
費⽤
【PR】堆肥のペレット化と
有効な活用方法とは?

堆肥を探している耕種農家さんと堆肥を使って欲しいコンポユーザーさんを繋ぐマッチングサイトをはじめ、堆肥のペレット化のメリット、省スペースで設置が可能なおすすめマシンを紹介します。

堆肥のペレット化情報を
今すぐチェックする