堆肥プラントのことがよくわかる、ポータルサイト |堆肥ペディア » 堆肥プラントメーカーリスト » カワシマ

カワシマ

公式サイトのキャプチャ画像

引用元:カワシマ(http://www.kawashima.jp/index.html)

カワシマは、特殊有効微生物資材と環境支援装置の製造・販売会社。スクリュー型コンポストプラント「RA-X(ラックス)」による堆肥化を提案しています。ここでは、カワシマの堆肥プラントの特徴、導入事例、利用者の口コミ評判をご紹介します。

カワシマの堆肥プラントの特徴

特殊有効微生物資材と環境支援装置の製造・販売会社

1987年に微生物工学を応用した有効微生物「BX-1」を、2000年にはコンポストプラント「RA-X」を販売。RA-Xは、メンテナンスが簡単で低コスト。撹拌時の醗酵臭も少なく、発酵温度を下げない省エネで、寒冷地でも高温発酵処理が可能になっています。

また、国内だけでなく海外事業にも力を入れています。スリランカでは、JICA普及・実証事業などのスクリュー型コンポストプラントによる、有機性廃棄物・農業廃棄物のリサイクル事業をおこなっています。

有機性廃棄物を効率的に堆肥化する「RA-X」

スクリュー型コンポストプラント「RA-X(ラックス)」は、生ごみや畜糞、汚泥などの有機性廃棄物を効率的に堆肥化にする発酵機械です。家庭用として使える小型機から、業務用の大型大量処理プラントまで、さまざまなサイズがあります。

固形物・汚水の同時処理が可能で、撹拌時の圧縮がなく水分蒸散に優れています。高堆積でも空気の流れが阻害されることなく好気性醗酵が促進。シンプルな構造なのでメンテナンスも簡単で低コスト、醗酵臭飛散も少ないので臭気対策に費用がかかりません。

形状には2種類あり、基本タイプの両壁型(I型)は汚水処理に最適。もう一つの片壁式(L型)は、短期間での大型・大量処理に向いており、間仕切りを入れれば共同施設として機能します。

RA-X1台で機械処理が完結

通常の処理工程では、まずは分離機で固形物と汚水を分離。固形物は発酵機器に流され、汚水は浄化槽処理へと流れ、水分は河川に放流し汚泥・固形物は脱水機を通ってから発酵機器に入れられます。そこから有機微生物堆肥として土壌に還元されます。
一般的な処理システムでは複数の機器処理が必要になりますが、RA-Xは1台でこれらの処理を完結。設備や維持コストも安く済み、特に汚水の放流ができない地域にはピッタリです。また、排出側と投入側にメンテナンススペースを設けてあるので、スクリューにわらなどが絡んでも簡単に手入れ可能。スクリューは稼動時以外は堆肥に触れないので錆にくいです。

導入会社には現地で習得するまでレクチャー

カワシマでは、醗酵処理サポートとして、蒸散醗酵処理の作業手順について現地でレクチャーしています。導入会社のスタッフが習得するまで指導しており、その後も、新しい処理技術の報告・指導をおこなっています。また、これまでさまざまな環境改善に携わってきたことからも、作業環境についての相談にも対応。課題への解決方法を提案します。

堆肥化の発酵方式の特徴から探す!
おすすめの堆肥プラントを紹介
チェック

堆肥化を行う方法は、大きく分けて3タイプ。どの発酵方式が適しているかは、何を重視するかで異なります。当サイトでは、各方式の特徴とそれぞれのおすすめメーカーを紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。

あなたの重視することは?
おすすめの堆肥プラントを見る

チェック

カワシマの堆肥化設備

カワシマの堆肥化設備

引用元:カワシマ公式サイト(http://www.kawashima.jp/RAX01.html)

カワシマの主力製品である堆肥化プラント「RA-X」の機械タイプは2種類あり、両壁型(I型)と「片壁式(L型)」が提供されていますが、両タイプともに、醗酵槽幅・堆積高・全長・1日撹拌移動量・1日最大投入量などスペックの異なる複数の製品型式(I-6型・I-8型等)があります。それぞれの環境やニーズに合わせたプラントの導入が可能です。

カワシマの堆肥プラント利用者の口コミ評判

記載なし

堆肥プラントメーカーリストを見る

カワシマの堆肥プラントの導入実績

スクリュー型コンポストプラント

引用元:カワシマ公式サイト(http://www.kawashima.jp/RAX_JA.html)

高機能堆肥製造設備として、スクリュー型コンポストプラント、RA-Xを導入。

スクリュー型コンポストプラント

引用元:カワシマ公式サイト(http://www.kawashima.jp/RAX_Yuki.html)

霞ヶ浦条例基準を満たす、排水0を保証する設備として、スクリュー型コンポストプラント、RA-Xを導入。

カワシマの会社概要

  • 社名:株式会社カワシマ
  • 住所:群馬県館林市楠町3765番地
  • 電話番号:電話番号記載なし
  • URL:http://www.kawashima.jp/index.html
堆肥化の
発酵⽅式は3タイプ

堆肥化を行う方法は、撹拌に機械を使う方法(密閉・開放)、堆肥舎で堆積する方法の2種類、3タイプ。
どの方法が適しているかは、何を重視するかで異なります。

狭い土地でもOK
手軽さ・におい対策を
重視するなら
密閉型攪拌⽅式
(コンポ)
密閉型攪拌⽅式(コンポ)

断熱密閉された円形の発酵槽を使用し、全自動で撹拌作業を行い、堆肥化させる方式

発酵⽇数
(⼀次処理)
10⽇〜16⽇
施設
必要⾯積
⼩規模
臭気
対策
◎ 容易
適⽤
畜種
養豚・養鶏
(酪農)
初期投資
費⽤
中規模の⼟地があり
メンテナンスの容易差
重視するなら
開放式
(ロータリー・スクープ攪拌)
開放式(ロータリー・スクープ攪拌)

材料を定期的に機械で撹拌し、少しずつ移動させながら堆肥化させる方式

発酵⽇数
(⼀次処理)
30⽇〜60⽇
施設
必要⾯積
中規模
臭気
対策
△ 難しい
適⽤
畜種
養豚・養鶏
(酪農・肥育牛)
初期投資
費⽤
⼟地が広く、
初期コストの安さ
重視するなら
堆積式
(堆肥舎)
堆積式(堆肥舎)

ショベルローターなどを運転して切り返しを行い、長時間の堆積で堆肥化する方法

発酵⽇数
(⼀次処理)
30⽇〜90⽇
施設
必要⾯積
大規模
臭気
対策
△ 難しい
適⽤
畜種
酪農・肥育牛
(養豚)
初期投資
費⽤
【PR】堆肥のペレット化と
有効な活用方法とは?

堆肥を探している耕種農家さんと堆肥を使って欲しいコンポユーザーさんを繋ぐマッチングサイトをはじめ、堆肥のペレット化のメリット、省スペースで設置が可能なおすすめマシンを紹介します。

堆肥のペレット化情報を
今すぐチェックする