堆肥プラントのことがよくわかる、ポータルサイト |堆肥ペディア » 各社の堆肥プラント導入事例

各社の堆肥プラント導入事例

地球環境や資源の再利用、SDGsなどを企業理念とする会社が増えており、生ごみや汚泥といったものを廃棄するのではなく堆肥として再利用する動きが増えています。ここでは、企業がどのような目的で・どのような方法で堆肥プラントを導入しているのか、その事例についての概要を紹介します。

汚泥リサイクルへの堆肥プラント導入事例

汚泥には有機汚泥と無機汚泥がありますが、堆肥プラントを導入することで堆肥化が可能です。堆肥プラント導入事例は、導入する企業の環境に対する考え方、処理フローが異なります。汚泥を焼却処理せず微生物発酵によるリサイクルで臭気対策とスピーディーな処理を行う会社では、自社農場で肥料や燃料を使用しています。

また、効率的な汚泥処理を行うために2つの発酵槽を備えた会社では、汚泥だけでなく一般廃棄物もフレキシブルに処理可能です。

生ごみリサイクルへの堆肥プラント導入事例

種類が多い生ごみは、処理が複雑であることから再資源化する企業が増えています。水分の多いもの、少ないものに分けて処理して最終的に有機バイオグリーンにする会社、破裂分離機から高速発酵させ堆肥や肥料を製造する会社などがあります。

また、高校でも堆肥プラントの導入事例があり、酪農牛の飼育で生じた排泄物、生ごみ処理を行い発酵処理をして農作物の肥料としています。今後も地球環境保護などの面から堆肥プラントの需要は増えていくでしょう。

今後も堆肥プラントの需要は増えていくことが予想される

堆肥は糞尿や生ごみ、汚泥などを分解発酵させたものであり、企業によっては廃棄物などを堆肥プラントによって堆肥化することで再利用・リサイクルすることができます。地球環境保護やSDGsを掲げる企業が増えており、今後も堆肥プラントの需要は増加すると見込まれます。

企業によって堆肥プラントのフローは様々です。堆肥にする原料によっても堆肥プラントのフローは異なるでしょう。いろいろな企業の導入事例をチェックし、自社が導入する際の参考にしてください。

堆肥化の
発酵⽅式は3タイプ

堆肥化を行う方法は、撹拌に機械を使う方法(密閉・開放)、堆肥舎で堆積する方法の2種類、3タイプ。
どの方法が適しているかは、何を重視するかで異なります。

狭い土地でもOK
手軽さ・におい対策を
重視するなら
密閉型攪拌⽅式
(コンポ)
密閉型攪拌⽅式(コンポ)

断熱密閉された円形の発酵槽を使用し、全自動で撹拌作業を行い、堆肥化させる方式

発酵⽇数
(⼀次処理)
10⽇〜16⽇
施設
必要⾯積
⼩規模
臭気
対策
◎ 容易
適⽤
畜種
養豚・養鶏
(酪農)
初期投資
費⽤
中規模の⼟地があり
メンテナンスの容易差
重視するなら
開放式
(ロータリー・スクープ攪拌)
開放式(ロータリー・スクープ攪拌)

材料を定期的に機械で撹拌し、少しずつ移動させながら堆肥化させる方式

発酵⽇数
(⼀次処理)
30⽇〜60⽇
施設
必要⾯積
中規模
臭気
対策
△ 難しい
適⽤
畜種
養豚・養鶏
(酪農・肥育牛)
初期投資
費⽤
⼟地が広く、
初期コストの安さ
重視するなら
堆積式
(堆肥舎)
堆積式(堆肥舎)

ショベルローターなどを運転して切り返しを行い、長時間の堆積で堆肥化する方法

発酵⽇数
(⼀次処理)
30⽇〜90⽇
施設
必要⾯積
大規模
臭気
対策
△ 難しい
適⽤
畜種
酪農・肥育牛
(養豚)
初期投資
費⽤
【PR】堆肥のペレット化と
有効な活用方法とは?

堆肥を探している耕種農家さんと堆肥を使って欲しいコンポユーザーさんを繋ぐマッチングサイトをはじめ、堆肥のペレット化のメリット、省スペースで設置が可能なおすすめマシンを紹介します。

堆肥のペレット化情報を
今すぐチェックする